ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

小児用肺炎球菌、改良ワクチンへ

 予防接種について話し合う厚生労働省の専門部会は24日、定期接種になった小児用肺炎球菌ワクチンを、年内にも予防効果がより高く改良されたタイプに切り替える方針を了承した。感染を予防できる細菌が7種類から13種類に増える。改良ワクチンが、近く発売の見通しとなったため。接種は従来通り複数回必要で、現行のワクチンを既に何回か接種している場合、途中から新タイプに切り替わっても問題はないという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。