外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都調布市の住宅街に、離陸直後の小型プロペラ機が墜落した事故で、小型機は予定していた伊豆大島までの片道分の5倍に当たる大量の燃料を積載していたことが28日、国土交通省への取材で分かった。燃料の重量だけで300キロに近く、さらに男性5人が搭乗し、総重量は離陸可能な限界ぎりぎりだったとみられる。

共同通信