外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1970年の大阪万博を前に、民族学者の梅棹忠夫さんや作家小松左京さんらが64年に結成した「万国博を考える会」の議事録やメモ計10点が、昨年7月亡くなった小松さんの自宅で見つかった。関西で当時気鋭の文化人たちが、万博のテーマ「人類の進歩と調和」にもつながる議論を早くから行っていたことを示す貴重な資料という。小松さんの事務所イオ(東京)が12日発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信