外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は2日の共同通信とのインタビューで「そもそも憲法の議論から逃げない。むしろ積極的に参加したい」と述べ、希望は改憲勢力だと認めた。衆院選(10月22日投開票)での政権交代に向け、過半数となる233以上の候補者の擁立を目指す考えを明らかにした。第1次公認候補を3日にも発表する方針を示し「今回勝負する。当然だ」と語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信