外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政治資金規正法違反罪で強制起訴された民主党元代表小沢一郎被告(69)の東京地裁(大善文男裁判長)公判は19日午後、元代表が「いかなる点でも罪に問われる理由はない」とあらためて無罪を主張し、結審した。判決は4月26日午前10時。元代表は最終意見陳述で「検察が、捏造した違法不当な供述調書などを検察審査会に提供して起訴議決を強力に誘導。議会制民主主義を破壊、国民の主権を侵害した暴挙」と批判した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信