外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅直人首相(民主党代表)は7日午前、参院本会議での代表質問に対する答弁で、強制起訴される小沢一郎民主党元代表への党としての対応に関し「議員が検察審査会の議決で強制起訴されるケースは今回初めてであることも踏まえながら幹事長が検討を行っている」と述べた。衆院政治倫理審査会での説明などを含め岡田克也幹事長が判断するとの考えを示した。「衆院解散・総選挙はまったく考えていない」と述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信