外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民主党の岡田克也幹事長は14日午前、小沢一郎元代表の国会招致問題をめぐり、小沢氏が衆院政治倫理審査会への自発的な出席を拒否した場合には、党役員会を経ずに政倫審での招致議決に踏み切る方針を明確にした。記者団に「(13日の役員会で)そこは一任を受けた」と語った。これに対し、小沢氏に近い議員は仙谷由人官房長官への問責決議対応が先決と主張するなど、政権党の亀裂は拡大の様相を呈した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信