外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 菅首相は6日、衆院本会議の代表質問答弁で、民主党の小沢一郎元代表の証人喚問などに関して「国会で議論、決定すべきもの」との認識を示した上で「説明の場、方法を含めて小沢氏本人が判断し対応するのが望ましい」と述べた。尖閣諸島周辺での中国漁船衝突事件に関し、自民党の谷垣総裁は「日本は圧力をかければ最後に屈服するという間違った教訓を与えた」と批判、首相は「国内法に基づいて適切に対応」と反論した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信