外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民主党の小沢元代表が、起訴議決をめぐり野党が求める証人喚問だけでなく政治倫理審査会出席についても「国会で説明することによって一つの区切りになるのか」と現時点では慎重な考えを周辺に伝えていたことが22日分かった。政倫審出席は、早期成立を目指す10年度補正予算案について野党の協力を得るため民主党が念頭に置く「落としどころ」だが、小沢氏の姿勢に執行部は対応に苦慮しそうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信