外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件で東京地検特捜部が、小沢一郎民主党元幹事長に対する4度目の任意の事情聴取を早ければ18日午後に行う方向で小沢氏側と調整していることが17日、分かった。聴取は収支報告書の虚偽記入容疑について東京第1検察審査会が「不起訴不当」と議決したことを受けた再捜査の一環。新証拠が得られる可能性は低く、特捜部は月内にもあらためて不起訴とする方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信