外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 元厚生次官ら連続殺傷事件で、殺人や殺人未遂などの罪に問われた無職小泉毅被告(47)の初公判が26日午後、さいたま地裁(伝田喜久裁判長)で開かれた。小泉被告は罪状認否で、起訴内容を大筋で認めた。弁護側は、殺人未遂罪については「自らの意思で犯行を中止した」などと主張。自首の成立による刑の軽減も争点になるとみられる。不可解な動機の背景事情が、どこまで明らかになるのかも注目される。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信