外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 小渕優子経済産業相は17日の衆院経産委員会で、政治団体による支持者向け観劇会をめぐる収支に食い違いがある問題に関し「知らなかったでは済まされないという思いだ」と述べ、自らにも一定の責任があると認めた。野党は費用を負担していたとすれば公職選挙法に抵触するため辞任すべきだとしており、小渕氏が進める調査結果次第では進退問題に発展する可能性が出てきた。

共同通信