外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京都心から神奈川県に延びる小田急線の代々木上原(渋谷区)―喜多見(世田谷区)間の高架複々線化で騒音被害を受けたとして、沿線の住民ら計118人が小田急電鉄に計約7億8千万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は31日、うち42人を対象に1152万円の支払いを命じた。村上正敏裁判長は賠償の対象とした住民について「受忍限度を超える被害を受けている」と認定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信