外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 昨年6月に世界自然遺産に登録された小笠原諸島(東京都小笠原村)に自生する樹木の枝が100カ所以上折られる被害があったことが21日、関係者への取材で分かった。島は国立公園に指定されており、自然公園法に違反する恐れもあるため、環境省が刑事告発も視野に調査している。関係者によると、3月上旬、自然ガイドが母島にある乳房山の遊歩道周辺で木の枝が大量に折られているのを見つけた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信