外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大津市で2015年、市立小4年だった男児(11)がいじめ被害を訴えて不登校になり、市教育委員会が設置した第三者委員会の調査報告書について、公表を求める男児の家族の意向に反し、市教委が非公表にしていたことが20日分かった。報告書は学校の対応を厳しく批判しており、家族は市に、近く正式に開示を申し入れる。

共同通信