外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 イスラム過激派ボコ・ハラムが、ナイジェリア北東部ボルノ州の州都マイドゥグリなどで、拉致した少女らに爆弾を装着し自爆テロを強制するケースが今年に入って約40件に上り、例年に比べ急増していることが分かった。同国北東部を統括するナイジェリア軍のラッキー・イラボ戦域司令官が16日までに、共同通信の取材に明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信