外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東京・多摩地区を中心に小中学生の少女に相次いで暴行したとして、強姦致傷罪などに問われた元小学校教諭大塚友意被告(31)の裁判員裁判で、東京地裁立川支部(毛利晴光裁判長)は9日、懲役28年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。毛利裁判長は判決理由で「異常なまでにゆがんだ性癖。少女らの人格を無視し、卑劣で悪質極まりない」と指摘。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信