外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国の海洋政策の方針を決定する全国海洋工作会議が10日、北京で開かれ、2013年も沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺での国家海洋局によるパトロールの常態化を堅持することを確認した。中国メディアが伝えた。国家海洋局などはこれまでもパトロールを常態化すると繰り返しており、年初の全国規模の会議であらためて確認した。今後も海洋監視船による日本領海への侵入などを続ける構えだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信