外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府が沖縄県・尖閣諸島を抱える石垣市(中山義隆市長)に、環境調査を目的とした民間チャーター機による尖閣上空の飛行を自粛するよう要請していたことが分かった。尖閣の領有権を主張する中国を刺激し、日中関係が緊迫化する恐れがあると判断した。複数の関係者が23日、明らかにした。石垣市は要請を受け、予定していた年内の調査を断念する。

共同通信