ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

尖閣周辺で台湾漁船の操業容認へ

 政府は9日、沖縄県・尖閣諸島周辺の排他的経済水域(EEZ)に属する一部海域に関し、台湾漁船による操業を認める方向で調整に入った。2009年2月以来中断している日台漁業協議を4月中にも再開し、台湾側と詰めの交渉に入る構えだ。複数の日台関係筋が明らかにした。尖閣をめぐっては中国が領有権を主張している。政府としては尖閣問題をめぐる中国と台湾の「対日連携」を分断する戦略的狙いがありそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。