外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】鳩山由紀夫元首相は1日、中国国営中央テレビの取材に応じ、沖縄県・尖閣諸島の領有権問題に関して、日中国交正常化時に両国で棚上げするという合意があったとの認識を示した。同テレビが2日夜のニュースで報じた。日本政府は棚上げ合意の存在を否定している。鳩山氏は、安倍晋三首相が領土や歴史教科書などの問題で強硬姿勢を貫いていると指摘した。

共同通信