ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

尖閣直撃、トヨタの中国販売半減

 【上海共同】トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車の中国法人が9日発表した中国での9月の新車販売台数は、前年同月に比べ49~35%減と大幅に落ち込んだ。日本政府による尖閣諸島国有化後に反日感情が高まり、不買運動などの影響が直撃した。トヨタは48・9%減の4万4100台、ホンダは40・5%減の3万3931台、日産は35・3%減の7万6100台。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。