ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

尖閣「原因は日本がつくった」

 【上海共同】中国上海市で26日、日本と中国の学者が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の問題を話し合う討論会を開いた。中国の学者からは「今回の事態を招いたのは日本政府だ」との声が相次いだ。中国人研究者は「日本政府による釣魚島の国有化が問題の発端だ。中国は受動的に対応しているだけだ」と主張した。上海国際問題研究院の李秀石研究員は「日本は地域の平和を考えているのか。国際社会全体が心配している」と述べた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。