外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 兵庫県尼崎市の連続変死事件で、2005年に沖縄県の観光名所「万座毛」の崖から転落死した男性について、自殺した角田美代子元被告=当時(64)=の親族らが、飛び降りを強要した疑いが強まったとして、兵庫・香川県警合同捜査本部が23日に殺人容疑で、現場検証する方針を固めた。22日、捜査関係者が明らかにした。男性は、美代子元被告の義妹角田三枝子被告(60)の夫久芳さん=当時(51)。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信