ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

尼崎事件で相談記録を保存、香川

 尼崎の連続変死事件で、死体遺棄容疑で逮捕された角田美代子容疑者(64)らが2003年に離散へ追い込み、1人が遺体で見つかった高松市の家族をめぐり、親族らが香川県警に相談した際の記録が保存されていたことが15日、分かった。香川県警は当時、家族が被害届の提出を拒んだため捜査を見送ったとするが、相談を受けた高松東署などの対応について10月から検証。11月以降は記録を基に相談者から聞き取りもしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。