外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 兵庫県尼崎市の連続変死事件で、自殺した角田美代子元被告=当時(64)=らに離散に追い込まれ、1人が遺体で見つかった高松市の一家をめぐり、香川県警が2003~04年当時の対応が不十分だったと認める検証結果をまとめたことが10日判明。4月末にも結果を公表する。捜査関係者らによると、美代子元被告らは03年ごろから約半年間、高松市の谷本明さん(61)ら4人の自宅に居座り、家族間の暴力を強いたほか金銭を要求。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信