外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 乗客106人と運転士が死亡した尼崎JR脱線事故で、必要な安全対策を怠ったとして業務上過失致死傷罪に問われた前JR西日本社長山崎正夫被告(68)に神戸地裁(岡田信裁判長)は11日、「事故を予見できる可能性はなかった」として無罪判決を言い渡した。求刑は禁錮3年だった。山崎前社長は、1996~98年に安全管理部門責任者の鉄道本部長だった。交通機関の巨大事故で、経営幹部の刑事責任を問う裁判は極めて異例。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信