外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 尼崎JR脱線事故で、JR西日本歴代3社長を無罪とした神戸地裁判決について、検察官役の指定弁護士は7日、判決を不服として控訴することを決めた。同日午後に控訴状を提出する見通し。指定弁護士3人は判決直後と6日に遺族や被害者への説明会を開催。控訴を求める声を聞き取り、河瀬真弁護士は「国民の生命よりも企業側の事情に配慮した判決で、到底受け入れられない」と批判し、控訴する意向を示していた。

共同通信