ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

山中さんジョーク連発、心つかむ

 【ストックホルム共同】「手術が下手だった」「心臓病の研究所で唯一の肝細胞がんの研究者になった」。ノーベル医学生理学賞を受賞する山中伸弥京都大教授は7日(日本時間8日未明)、ストックホルム市カロリンスカ研究所講堂での記念講演で何度もジョークを飛ばして会場を沸かせ、詰めかけた約700人の聴衆の心をつかんだ。米国から留学中のサラ・バーゲンさん(35)は「一緒にディナーに行くなら山中教授がいいわ」と絶賛。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。