外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ローマ共同】イタリアとスイスに本部のあるバルザン財団により世界の優れた研究者や人道活動家に与えられる今年のバルザン賞の授与式が19日、ローマのイタリア大統領官邸で行われ、ナポリターノ大統領が山中伸弥京都大教授(48)ら受賞者4人を表彰した。人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発に世界で初めて成功したことが評価された。賞金は100万スイスフラン(約8400万円)。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信