外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ノーベル医学生理学賞に決まった山中伸弥京都大教授(50)は11日、自身が作った人工多能性幹細胞(iPS細胞)の臨床への応用について「日本が先進医療の遅れた国にならないよう、厚生労働省や関係機関は努力する必要がある」と述べ、国の体制整備が重要との見方を示した。京都大で共同通信のインタビューに答えた。iPS細胞は将来の再生医療の柱と期待されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信