外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 山口県は29日、同県長門市日置中の農場の死んだ鶏4羽から簡易検査で鳥インフルエンザウイルスが確認されたことを明らかにした。その後の遺伝子検査でH5型の高病原性と判明した。この冬の国内の家禽での発生は宮崎の2例に続き3例目。

共同通信