外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 山梨県ワイン酒造組合は16日、日本のワイン産地として「山梨」が国税庁から産地指定を受けたと発表した。日本でワインが産地指定されるのは初めて。輸出品に「山梨」と表示できるようになる。消費者への適切な情報提供と地域ブランドの確立が狙いで、組合が同庁に申請していた。組合は「日本のワイン発祥の地として認められた。山梨のワインの市場価値が国内外で高まることを期待したい」と話している。

共同通信