外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 12日午前7時13分ごろ、山陽新幹線広島―徳山間で信号系統のトラブルを示す警報が出ているのを東京指令所の指令員が確認した。JR西日本によると、山陽新幹線は下り線が新大阪―博多間で、上り線が広島―博多間で運転を見合わせたが、午前10時ごろ、全線で運転を再開した。新岩国駅にある機器室の配線に異常があり、信号系統の電気が流れない状態になったという。上下計15本が運休、影響は約3万2600人に及んだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信