外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 岡山県は15日、笠岡市東大戸の養鶏農場の鶏を簡易検査し、5羽から鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。農林水産省によると、その後の遺伝子検査でも強毒性のH5型高病原性鳥インフルエンザウイルスを確認した。野鳥以外の国内での発生は山口県と、宮崎県の2例に続いて今冬4例目。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信