外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【南京共同】サッカー日本代表の岡田武史前監督が率いる中国スーパーリーグの杭州緑城が17日、河村たかし名古屋市長の南京大虐殺否定発言への反発が高まる江蘇省南京市で、今季2戦目を江蘇舜天と戦い、0―3で敗れた。ゲームは、迷彩服姿の軍人も警備に加わる厳戒態勢の中で行われたが、目立った混乱はなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信