ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

岩手、健診時の血液で不明者特定

 岩手県警は24日、東日本大震災の身元不明遺体で、生前に受けた健康診断の際に採取した血液が手掛かりとなり、新たに5人の身元が判明した、と発表した。県警はこうした検体が身元特定につながる有効なデータとして活用を進める方針。現在、岩手県予防医学協会(盛岡市)と岩手県対ガン協会(盛岡市)の県の2医療機関が協力。県警は今後、民間の医療機関にも協力を要請することを検討する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。