外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 岩手県雫石町長山の雑木林で、約15mの高さにある電線をくわえて感電死したツキノワグマが、宙づりのまま見つかっていたことが17日分かった。停電の原因を調べていた東北電力盛岡営業所の職員が発見。営業所の担当者は「電線につながった部品をえさと勘違いしたのでは」と驚いていた。クマは3歳ぐらいの雌で体長約1・4m、体重は約60キロ。15日夕に約40世帯が数秒間停電しており、この時にかんだとみている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信