外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東日本大震災の際、岩手県釜石市の鵜住居地区防災センターに避難し、津波の犠牲になった市立幼稚園臨時職員片桐理香子さん=当時(31)=の両親が「市はセンターが避難場所ではないと周知する義務を怠った」として、市に損害賠償を求めた訴訟は3日、仙台高裁(小林久起裁判長)で和解が成立した。市が行政としての責任を認め、和解金約49万円を支払う内容。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信