外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中日の岩瀬仁紀投手(38)が15日、ナゴヤドームでのDeNA19回戦で今季35セーブ目を挙げて通算セーブ数を381とし、横浜(現DeNA)、米大リーグのマリナーズで活躍した佐々木主浩投手が持つ日本選手の日米通算最多記録に並んだ。8―7の九回に6番手で登板し、1安打を許したが、無得点に抑えた。岩瀬は今年8月に9年連続30セーブを達成。9月10日には15年連続のシーズン50試合以上登板を成し遂げた。

共同通信