外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 ポスティングシステム(入札制度)による米大リーグ移籍を目指したが実らず、楽天残留が決まった岩隈久志投手(29)の代理人を務める団野村氏が8日、仙台市内で記者会見し「オファーも低く、誠意もなかった。こちら側が最後は折れると思っていたようだが、悪い前例をつくると次に行く選手に影響が出ると考えた」と、アスレチックスとの交渉が不調に終わった理由を説明した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信