外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 高病原性鳥インフルエンザの感染が疑われる鶏が見つかった島根県安来市の養鶏場が、定期の抗体検査を11月16日に受け、松江家畜保健衛生所の分析で陰性の結果が出た30日、県などへの取材で分かった。県は、5羽の鶏が死んだことが確認された29日までの間に感染の可能性があるとみて、経緯や原因を探っている。島根県は疑い例があった養鶏場以外の県内47業者を対象に、調査した結果、異常な鶏は見つからなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信