外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 九州電力の瓜生道明社長は9日、鹿児島県庁を訪れ、三反園訓知事が再要請していた川内原発(薩摩川内市)の即時一時停止を重ねて拒否するとの回答書を三反園知事に手渡した。併せて避難道路の整備支援など追加の安全対策への協力も表明した。三反園知事は面会後、停止の再要請を行うかどうか記者団に問われ「定期検査まで時間がない」と述べ、事実上断念する考えを示した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信