外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 来年のロンドン五輪代表選考会を兼ねた福岡国際マラソンは4日、福岡市の平和台陸上競技場発着で行われ、一般参加でケニア出身のジョセファト・ダビリ(小森コーポレーション)が2時間7分36秒で初優勝した。公務員ランナーで今夏の世界選手権代表の川内優輝(埼玉県庁)が2時間9分57秒で日本人トップの3位に入り、五輪代表に名乗りを上げた。箱根駅伝で活躍した今井正人(トヨタ自動車九州)は4位。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信