外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本人で初めてノーベル文学賞を受けた作家川端康成(1899~1972年)が若き日に書いた未発表小説「勤王の神」の自筆原稿を、鶴見大図書館(横浜市)が所蔵していることが4日、分かった。川端文学の研究者で同大文学部の片山倫太郎教授が確認した。生活苦の中で執筆した様子がうかがえるという。作品は400字詰め原稿用紙21枚にペンで書かれている。筆跡や原稿用紙から川端の直筆とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信