外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 愛知県警刈谷署の30代の男性巡査長が2008年までの数年間にわたり、被害届などの捜査書類を処理せずに職場の机などに放置し、一部を自宅に持ち帰っていた疑いがあることが22日、県警への取材で分かった。内部調査に事実関係を認めているという。県警は、処理しきれない書類を隠そうとしたとみており、懲戒処分を検討するとともに、公文書毀棄容疑にあたるか慎重に調べる。人事異動の際、発覚した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信