外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球の西武などで通算224勝を挙げ、歴代1位となる実働29年を記録した工藤公康投手(48)が9日、自身のブログで「引退をすることにしました」と現役引退を表明した。昨年西武を退団し、今季はチームに所属せずに現役続行を目指していたが、痛めている左肩の状態が思わしくないことから決断した。工藤は先に横浜DeNAの監督候補に挙がったが、最終段階でまとまらず、交渉は5日に打ち切られた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信