外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球セ・リーグは9日、首位の巨人が広島に5―4で勝ち、2位の阪神が中日に2―4で敗れたため、巨人に優勝へのマジックナンバー「39」が今季初めて点灯した。巨人は残り46試合のうち阪神との直接対決7試合に全敗しても、39勝すれば100勝41敗3分けで勝率7割9厘となり、阪神が残り48試合を全勝して100勝42敗2分けとなった場合の勝率7割4厘を上回る。

共同通信