ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

巨人の小笠原、3億6千万円減

 プロ野球巨人の小笠原道大内野手(39)は5日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、3億6千万円減の年俸7千万円でサインした。これまで球界では2億円減が最大で、これを大きく上回る減額幅となった。今季は昨年に続いてけがや不振に苦しみ、34試合の出場で本塁打はなく打率1割5分2厘、4打点に終わっていた。小笠原は「契約してもらえるだけでありがたい」とさばさばとした表情で話した。(金額は推定)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。