外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球巨人の桃井恒和オーナーは15日、江川卓氏の入閣をめぐり、清武英利球団代表が異例の内部批判をする事態となったヘッドコーチ人事について、岡崎郁コーチ(50)の留任が決まったことを明らかにした。来季の続投が決まっている原辰徳監督(53)とは、2年契約で合意したと発表。岡崎コーチの留任をめぐっては、渡辺恒雄球団会長が岡崎氏の留任を覆して江川氏の起用に動いたとして、清武代表が渡辺会長を批判。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信